かく語りき

今藤のブログ。最近の趣味は休日ジョギング。フルマラソンは未経験です。

鯛を二度買う

近所のスーパーで鯛のアラを買う。


◆鯛のアラ1
f:id:shabaduvitouch:20210730125415j:plain
イチキュッパ!

お安いのはよいことだ。198円なら失敗しても惜しくない。勉強賃で遊び賃。


◆臭み取り
f:id:shabaduvitouch:20210730125559j:plain
血のついた部分を除くため、水で洗う。

臭みを消すため塩漬けにすること三十分。この時点では何をつくるか決めていない。やっぱ汁物かなあ、とぼんやり考えている。


◆焼いてみようよ!
f:id:shabaduvitouch:20210730125916j:plain
と長男が言う。

焼くのもありか。じゃあ焼こう。が、ガス台に備え付けのグリルは勝手がわからない。かつ、妻が怒りそうな気がする。よってアルミホイルを敷いてトースターに突っこむ。

焼き上がったものを長男とふたりで食う。

うまい。かなり脂っぽい。でもうまい。骨が多い。箸では捌けないから手を汚しながら食う。食い終えたら次を焼く。再び食う。やはりうまい。すべて焼く。余ったのは翌日の朝食に。

長男曰く「旅館の朝ごはんみたい!」

そう?
よろこんでもらえたようでなにより。


◆鯛のアラ2
f:id:shabaduvitouch:20210730130949j:plain
ニーキュッパ!


◆前工程は同じ
f:id:shabaduvitouch:20210730131035j:plain
二日後、またしても鯛のアラを買う。

以前からスーパーに寄るたびに気になっていたのは、このお頭のほうだった。でも手が出なかった。見た目の恐さが理由で。ただ、もうだいじょうぶ。一回目のアラでいくらか慣れた。

調理器具なんて汚れてなんぼだろう。洗えばいいのだ。妻の機嫌なんて知るか。ということで、今度はグリルを使ってお頭を焼く。脂が多いのですぐに焼ける。表4分裏4分。焼き上がったら身をほぐす。昆布を加えた水で骨とガラを煮出す。料理酒をぱぱっと振って15分。

あとは省略。
(書くのが面倒くさい。たいしたことしてないし)


◆そういうわけで、じゃじゃーん
f:id:shabaduvitouch:20210730132606j:plain
こうして、鯛飯が出来たのである。


◆総括
・料理は楽しい。
・なにをつくろうか考えるのが楽しい。
・どんなのが出来上がるかわからないのも楽しい。
・鯛のアラは驚くほど脂が多い。
・骨が硬い。出刃包丁の用途をよーく理解した。
・洗い物が多い。苦ではないのでかまわないが。
・くさい。部屋中くさい。冷房を消してすべての窓を全開に。換気扇と扇風機をフル稼働して二時間強。お父さん暑い!と不評出まくり。


以上。あなたもやってみるよろし。