かく語りき

今藤のブログ。最近の趣味は休日ジョギング。フルマラソンは未経験です。

出来合いのピザの日

きょうは妻と次男坊が実家へ行ってしまって居ない。長男と留守番泊の日である。そして、長男の申し出により「晩飯に宅配ピザでも食べようよ!」「んだな!」となったのだが、夕方にはふたりして(やっぱめんどくせえな。また今度でいいじゃん)と、お流れになった。


爺さんは山へ柴刈りに。婆さんは川へ洗濯に。
私は近所のスーパーへ買い出しに。


f:id:shabaduvitouch:20210412212727j:plain

そして出来合いのピザを買った。

これの正しい呼び方を知らない。
「出来合いのピザ」で通じるだろうか。冷凍ピザではない。冷凍されていなかったから。インスタントピザや即席ピザでも通じそうだが、なんとなく、そうは呼ばない気がする。


この類のピザを買うのは初めてだったりする。
が、どういうものかは容易に想像できる。きっと、十分においしいんだけど何かが決定的に足りないんだなあ…というような満足感を与えてくれるはずだ(決めつけ)。

よって、冷蔵庫にあったピザ用チーズとブロッコリーを加えてみた。もちろんうまい。追いチーズは裏切らない。ブロッコリーはもっと裏切らない。イタリアっぽい料理には例外なくブロッコリーが合う。あと、昼飯に使って余ったツナ缶も加えた。でも、残念ながらこちらは失敗だ。うまいのだけれど、味がツナ一色になってしまっておもしろくない。ツナ缶はとても便利でお手軽だが、味が勝ち過ぎていけない。


二百円前後でこれだけ楽しめるのだから、文句のつけようがない。おいしいパン屋のピザトーストよりもピザらしいし、ピザ特有のワクワク感も十分だ。また今度食べたい。