かく語りき

今藤のブログ。最近の趣味は休日ジョギング。フルマラソンは未経験です。

セロリの葉と黒いジョギング

セロリの葉を炒めてみた。

茎が食べられるのに葉が食べられない道理はない。そう思ったからだ。

フライパンにオリーブオイルを敷いた。にんにくチューブを捻った。点火した。ブロッコリー、ついで舞茸、セロリの葉を投入した。そして塩胡椒を振った。なんとなく醤油は合わないと思った。ぽん酢なら合いそうな気はした。


f:id:shabaduvitouch:20201206165915j:plain
あと、走った。

黒地に白抜き文字はいけない。
とてもじゃないが、休日のジョギングは楽しいなあ、なんて雰囲気ではない。インパクトが強すぎる。走った内容になんのインパクトもないだけによろしくない。字体はかわいい。与える印象がかわいくない。(いったい誰やねん、配色設計をしたのは…)と正直思ったが、視認性は良いので、これはまちがっていない。

この絵を切り抜いた私がまちがっている。



さて、お味のほうと言えば。

まるで薬膳料理のよう。強烈な香り。思わず顔をしかめた。つくっちまったんだから片付けるしかねえよなあ、と仕方なく完食。独りのときの試みにしてよかった。これを家族に食わせる度胸はない。


なるほど。

世の皆さまが使わない食材には使わない理由がちゃんとあって、もったいないとかそういう問題ではないのだ。スープづくりにセロリを香味野菜として用いる理由を身を以って知った。また、セロリが嫌いな人というのがけっこういるようだが、彼ら彼女らに対して、「茎なんてのは序の口で、葉っぱはその十倍ですよ。いっぺん試してみ」と伝えなければならない気がした。

なんか、とっ散らかってしまったがそれくらい強烈だった。



身を以って知る。

何事も経験を信条とする私にとって貴重で得難い体験であった。

もうしない。