かく語りき

今藤のブログ。最近の趣味は休日ジョギング。フルマラソンは未経験です。

【レポ2】高槻ハーフマラソン(大名行列)

高槻シティハーフは、淀川と芥川の土手を走る。

shabaduvitouch.hatenablog.com

見晴らしが良いのはうれしいが、プライベートのジョギングでなぞることのできる道ばかりで特別感はあまりない(プライベートでないジョギングというのは存在するのだろうか)。要するに、本コースの道はすべて休日ランで走ったことがあるので新鮮味が。


◆ものすごい人の列

写真の奥まで延々と隊列が続く。

まるで大名行列のよう。
大藩の参勤交代だと本大会の参加者数に近いくらい動員されるわけで(少し盛った)、当時もこんな風景だったのかなあと感じ入る。

だとすると、庶民にとっては迷惑千万なイベントだったに違いない。この行列が通り過ぎるまで街道を横切れないんだから、たまったもんじゃない。もしかしたら、沿道で応援してくれる地域住民の如く、近世の町民も餅を食いながらのんびり見物していたのかもしれない。

楽しく走って、楽しく妄想。


◆いろんなウェアがある

この方のおかげで私は安心して走れる。彼ら彼女らに余計な仕事をさせぬよう、体調管理は自ら責任を持って為さねばならない(綺麗事)。

ところで、写真は医療のビブで、前の写真は看護のだ。どう違うんだろう? 気分が悪くなったとき、どちらを頼ったらよろしいのか。医療「その症状ですと別の窓口ですね。キロ4分半のペースで前を走る看護をつかまえてください」なんてことは…あるわけないか。

なにはともあれ、ありがたい。


以上、日記のために用意した所感ではなく、走りながら頭に浮かんだままを書いた。レースならではの緊張感など微塵もない。いわゆるひとつのファンラン。

コース既知、知人皆無の状況でファンランを心掛けようとしたら、私の場合、人を眺めることになる。

そんなわけで、次回は私が出会ったランナーたちについて書きます。

(うだうだと続きます)



こんなんで【レポ】を題につけるのは詐欺じゃないかと我ながら思う。すみません。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
よろしければポチりと。
いつも励みになっております。