かく語りき

今藤のブログ。最近の趣味は休日ジョギング。フルマラソンは未経験です。

はじめての整骨院

肩凝りや腰痛と無縁の体だと思っていた。

いままでは、他人の語る肩凝り話にフーンと相槌を入れ、ぎっくり腰と聞けばソリャ大変と感情のこもらぬ声で答えていた。ひどい肩凝りは頭痛を伴うというし、身体が資本の職業であれば腰痛は稼ぎに直結する。でも、当人にとっては深刻な問題と承知しても、それがどんな痛みかおれにはわからないし、してやれることもないので、なかなか親身にはなれないのである。「最近、尻尾が擦れて痛むんだ…」と犬に相談されるようなもので、大変だねと応える他ないのだ。残念なことに。


ところがどっこい、腰痛が発症した。ひと月ほど鈍い痛みが続いている。関節も硬い。痛みを発する前と比べて明らかに身体が曲がらなくなった。生活に支障はないし放っておいてもよいのだけれど、まあまあ不快だ。


というわけで、めでたく犬の悩みを理解できるようになったおれは、あこがれの整骨院を訪れることにした。

f:id:shabaduvitouch:20180925201401j:plain

はじめての整骨院

診察料2900円。初診料2000円。
初診料とやらを見ぬ振りしても、安くない。健康保険を使えばよかった。すこし後悔した。


腰の低い親切な爺様に腰を診てもらう。

触ってもらっても、痛くなければ効いてる実感もない。気持ちよくもない。腰を強く押しながら、脚や腰をブルブルと揺らす動作が多い。地味な動きばかりだ。関節をバキバキ鳴らされたり、ツボを押されて悲鳴をあげたり、なんてことは一切無い。


「腰椎が神経を圧迫しているのかもしれませんね」
はあ、そうですか。

「右半身の方が痛みが強いのではありませんか?」
なぜそんなことまでわかるんだ(注:右の方がなんて自覚は微塵もない)

「3番4番が狭いですよ」
4番? 狭い?


爺様は患者であるおれに優しく教えてくれるのだが、なんのことやらちんぷんかんぷんである。4番とはなんぞやをおれが知ってもどうしようもなさそうなので、質問しない。


そんなこんなで施術が終わって起き上がろうとしたら、腰にピッキーンと激痛が走って思わず声が出た。「ああ、そういう姿勢が痛むんですね」サービスでもう少し診てもらって整骨院体験入門終了。


すこしだけ腰が楽になりました。

でも、もう来ないかな。腰が健全な状態で無いのは確かなんだけど、整骨院に通うほど重症ではない気がした。遊び半分で利用するには刺激が足りない。整骨院におもしろさを求めるおれは、来院する資格がない。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
よろしければポチりと。
いつも励みになっております。