かく語りき

今藤のブログ。最近の趣味は休日ジョギング。フルマラソンは未経験です。

映画『キリングカリキュラム』を観た

キリング・カリキュラム ?人狼処刑ゲーム 序章? [DVD]

キリング・カリキュラム ?人狼処刑ゲーム 序章? [DVD]

「きょうは皆さんにちょっと殺し合いをしてもらいます」は『バトロワ』であるが、この作品も、まあそんな感じ。「いきなりですけど犯人当てゲームをしてみましょう。何人か死んじゃうけどね、てへ」的な映画。


人狼処刑ゲーム序章』という副題が示すとおり、二章か終章か存ぜぬがなんらかの続編があるようで、どうやらそちらを観なければ全ての謎は解けませんよ、ということらしい。なんとも殺生な映画である。

このタイプの物語は、図らずもゲーム主催者の意に沿って仲間を死に至らしめた無情が、最後に主催者に一矢報いることで救われるのだ(と思う)。よくわかんないんだけど殺し合いの後に生き残ったのは僕でした。めでたしめでたし。あとは続編で!で終わってもらっては困る…


●犯人探しは理詰めで解けるのか?
進行が早足すぎて謎解きが全然わからない。プレイヤーが9人しかいないのに一日で2人脱落するルールは、慌ただしすぎではあるまいか?人狼は一体誰なのか。どうせ当らぬにしても、もう少し考える時間が欲しい。っていうか、そもそも発言や行動をじっくり追っていけば、人狼が誰か推理できるつくりになっているのだろうか?気になって仕方ないので検索するも、考察サイトを見つけることはできなかった。うーん、もどかしい。

星ふたつ★★
男子高校生が男子高校生に壁ドンする、んぎゃーな展開が無ければ、星みっつ★★★。
(満点がいくつ星かは言えない…)


この種のお話しって、うまく作り込めばミステリーとパニックホラーと泣きとプラス1要素くらいを高レベルで盛り込んだ佳作に化けそうな気がするんだけどなあ(でも、そんな作品に出会ったことはない:反語)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
よろしければポチりと。
いつも励みになっております。