かく語りき

今藤のブログ。最近の趣味は休日ジョギング。フルマラソンは未経験です。

稲毛海浜公園でプールと海を堪能する

きのう、弟家族が実家に遊びに来て、息子ふたりと姪っ子ふたりが意気投合した結果、急きょ、姪っ子たちが実家に泊まることになった。2歳児の次男坊は、おねえちゃんおねえちゃんと懐いている。面倒をみてくれる彼女たちを気に入ったのだ。
弟夫婦は仕事だから帰ってしまったけれど、それはそれで構わない。子どもたちだけでの布団を並べたお泊まりは、すてきな夏の思い出になるだろうから、親はいない方が良い。

f:id:shabaduvitouch:20180813163622j:plain

お泊まりにおいては、小学生の女の子と風呂に入るのが、おれに課さられた役割である。腰の痛む老父が辞退したせいで、ほろ酔いのおれに出番がまわってきた。
長男は、女の子と一緒に風呂に入るのが一丁前に恥ずかしいらしく、逃走した。姪っ子たちといえば、こちらも一丁前にシャンプーはどれ?リンスは?洗顔は?とうるさい。どれだっていいだろうに。女の子は小学生であっても女性なのだ。仮に次の子が産まれるとしても、娘は勘弁してくれと思う。てきとうにゴシゴシ泡だてておけば済む男の子の方が、楽でいい。



そんな前日の動きがあって、きょうは家族4人と姪っ子2人で、稲毛海浜公園にやってきた。

f:id:shabaduvitouch:20180813163504j:plain

ちびっこどもを手っ取り早く疲れさせるには、プールと海をおいて他はない。稲毛浜はプールと海を両方利用できるのだ。

小学生3人と幼児1人。
大人の言うことなんて聞きやしない。常に1人は、いや2人が迷子の状態である。流れるプールのどこかにいるのだろうが、全然捕まえられない。忙しい。

海。
子どもは自然に親しむべきであるから、プールより海の方が望ましい。たとえ、埋立地に造成された人工砂浜で、定期的に継ぎ足される砂でできたビーチであっても、海で遊ぶべきだ。
片手に余るほどのクラゲを捕獲して遊ぶ。



たった2日の間、4人の子どもを世話しただけだが、おれはテレビに出るような大家族の父親には到底なれないことが、よーくわかった。保育士にも向いていないことが、よーくわかった。文字どおり、目が回る。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
よろしければポチりと。
いつも励みになっております。