かく語りき

今藤のブログ。最近の趣味は休日ジョギング。フルマラソンは未経験です。

トマトスパゲティをつくろうか

きょうは何をつくろうか。

長男に訊ねた。ポトフがいいと彼は答えた。台所を漁る。ポトフ鍋のスープは備蓄してある。冷蔵庫には鍋に合う野菜が色々あった。けれども肉が無い。仕方がないので肉無し鍋の是非を問う。駄目だと言う。じゃあ別の何かにしよう。私につくれる肉無しの何か。


スパゲティしか思いつかなかった。
f:id:shabaduvitouch:20200924065857j:plain
パスタ動画をたくさん見たのでつくり方はなんとなくわかる。ただし、それらは外苑前のオーナーシェフやら本場イタリアで修行した料理人やらによる上品なパスタで、にんにくと唐辛子だけのペペロンチーノとか、玉ねぎとトマト缶だけのトマトスパとか、豚と卵黄だけのカルボナーラとかなわけで、要するにどれもこれも具が少ない。


でもまあつくってみようか。

けれどもだ。そんな塩と脂しか入ってなさそうなスパゲティでは栄養が足りないように思える。私はかまわないが小児はそうもいかない。彼は栄養第一だ。一皿ですべてをカバーしようとするのが間違いなのはわかっていても、当方にも事情がある。何皿も用意できない(面倒と腕前の事情で)。


よって、田舎煮というかごった煮が出来上がる。
f:id:shabaduvitouch:20200924065909j:plain
スパゲティ用の湯でキャベツをシナシナに茹で、ブロッコリーは歯応えを損なわない程度に湯にくぐらせる。エリンギは…湯通し不要かな。カットトマトと一緒に煮込めば十分だろう。


うまい。
長男もそう言ってくれた。独身時代につくったスパゲティと比べたらだいぶ成長した。とは言っても私が何かをしたわけでなく、単にカットトマト缶が優秀なだけである。もうすこし水を足したらミネストローネを名乗れそうなくらい立派な味がする。うん。これはうまい。来週もつくろう。


ただ、やはり私はにんにくが駄目らしい。

今回はチューブのにんにくを2センチほど使った。二人前だから1センチ/人。普段食べないので適量を知らないが、さほど多くないと思う。ラーメンににんにくを加える人はもっとドバドバやっちゃってるし。食べたらおいしい。でも食後が耐えられない。

次はにんにく減にしようかな。