かく語りき

単身赴任で上京してきた今藤のブログ。最近の趣味は休日ジョギング。フルマラソンは未経験です。

ツナサンドをつくろう!

三十分と少し走った。

真夏のジョギングは、残念ながらあまり楽しくない。身の危険を天秤に掛けてまで私は走らなきゃいかんのかしら?と思いながら走った。たぶん、私は走ることがそれほど好きではないのだろう。汗をかきたくて走っているだけなのかもしれない。だから、黙っていても汗をかく夏場には走る欲求が失せてしまうのだ。なんとなくそんな気がする。


走り終えたら昼食を。

f:id:shabaduvitouch:20200724131841j:plain
きょうはツナサンドイッチの日だ。

長男に任せた微塵切りの玉ねぎは、あまり微塵になっていない。ああもう。天を仰ぐ。だが、ここで注意したり出しゃばったりしたら長男が料理嫌いになってしまうおそれがあるから、そのままにしておく。

どうせ食うのは我々ふたりだ。


ツナサンドのコツ?
そうだねえ。とっておきをひとつ紹介しようか。美味いツナサンドを食いたければ、玉ねぎに塩をまぶしておきなさい。十五分ほど置いて水を抜くのだ。べちゃべちゃなサンドイッチほど忌むべきものは無い。水気を十分に除いたほうがいい。


f:id:shabaduvitouch:20200724133338j:plain
さあさあ出来た。

えらそうに述べているが、ツナサンドをつくるのは初めてだ。どこかで耳にした他人の蘊蓄を真似ただけである。

マヨネーズがお好きでない長男とマヨネーズにあまり関心がない私がつくるサンドイッチに、マヨネーズは入らない。代わりにスライスチーズを少しだけちぎって加える。あとは、レモンを絞るか悩んでけっきょくやめた。たしかに酸味は欲しいが、あれもべちゃべちゃの一因なのだ。


f:id:shabaduvitouch:20200724135353j:plain
うまい。

トースターで焼いたばかりのパンと自ら選んだ具材から成るサンドイッチには、コンビニはもちろん、パン屋やサンドイッチ専門店ですら敵わない。

というわけで、ごちそうさま。