かく語りき

単身赴任で上京してきた今藤のブログ。最近の趣味は休日ジョギング。フルマラソンは未経験です。

防災頭巾を知らない子どもたち

もうそろそろ夏休みか。

と、天気予報を眺めながら思った。
まあ、夏休み禁止令が発布された本年において、子どもたちにそれはやってこないのだけれど。


夏休みといえば、私は防災頭巾を思い浮かべる。

長い休みは、防災頭巾を家に持ち帰ることにより始まり、残暑下の防災訓練で終わりを告げる。ただでさえ普段以上の教具を持って帰らねばならない日だってのに防災頭巾が荷に加わり、ただでさえ暑くてたまらない日だってのに頭巾を被らねばならず、思わず呪詛が漏れる。しかしながら、夏休みはそういうものである。たぶん、防災もそういうものだ。


「うちの子は頭巾をちゃんと持ち帰ってるの?」
妻に訊いてみた。
「なにゆうてんの」
妻が応じた。
カントーだけちゃうか。防災頭巾て」
妻は続けた。
「大阪にはあらへん。そんなの」
妻が言った。

え?そうなの?

心底驚いた。
言われてみれば、授業参観で訪れた息子の教室には防災頭巾なんて無かったような。へえ。そうなのかあ。防災訓練が九月一日なのは関東大震災に由来するから、他地域では別の日らしいと耳にしたことがあるが、まさか防災頭巾までがローカル習慣だとは思わなんだ。


「そこのキミ。頭巾を知っとるかね」
長男をつかまえて尋ねた。
「なにそれ?知らないよ」
案の定だ。

知らんよねそりゃ。
防災頭巾を知らないんだから。いまどきの言葉じゃないし。私が小学生の頃は、家庭科の調理実習で身につける三角のアレも頭巾と呼んでいた覚えがあるが、それはただの記憶ちがいかもしれない。近頃ではテレビで時代劇を放送することがないから、悪代官様が被っている頭巾もやはり知らないだろう。ん。待てよ。赤ずきんちゃんは知ってるか。


以上、このようにして私はここ十年で最大級のカルチャーショックを受けたのである。