かく語りき

単身赴任で上京してきた今藤のブログ。最近の趣味は休日ジョギング。フルマラソンは未経験です。

梅田でお買い物

妻と次男坊とで梅田へ。



茶屋町でも兎我野でも大融寺でも堂山でも東通でも北新地でも堂島でもない梅田、グランフロント大阪。初めての訪問。

寄らないなあ、この辺りは。縁がない。
つーか、妻と梅田を訪れるのはなん年振りだっけ? 「子どもが出来てからはじめてちゃうか」と妻が言う。そうだね。そうかもしれない。


食卓を買い替えに。

なんで食卓で梅田なのか
ー国道沿いの家具屋でいいのに
どうして買い替えるのか
ーいまのがまだ使えるのに

けれどもまあ、我が家には夫婦の持ち分というものがあって、その点において食卓は妻の守備範囲とみなされている類の物だから、あまり文句は言わない(言いたいけど)。また、家具は理屈でなくセンスで選ぶものである。「十年以上使うんだからいいじゃないの」と、価格すら脇に置かれてしまうのだから、やはり好みの問題だ。よって妻のチョイスに口は出さない(出したいけど)。

ま、ご自由に決めてくれ。


テーブルは天板の厚みに応じて値が変わるようだ。あと、テーブル以上に椅子の値幅が大きい。(あ、これいいな)と思った椅子はどれも五万円を超えている。四脚だとおいくらか。考えたくもない。

食卓が主で椅子は従という認識のせいで、卓はともかく、椅子がお高いってのはどうもしっくりこないね。


昼食も梅田で。

テラス席でランチ。

まちがいなく、ここ数年で最もおしゃれな昼食である。スペインバルっぽい店にて。梅田だから結婚式の二次会に貸切で使われてそうな、あるいは女子会が催されてそうな雰囲気が漂っている。

陽気な露天で杯を傾ける三百円ビールのうまさよ



むかし何かの小説で知った憧れのピンチョス。

食べてみれば、昨夜の残り物をフランスパンに乗せてみましたといったふうである。彼の地でも似たような位置付けなのだろうが。そして、ぶどう!ぶどう!と言いながら勢いよくオリーブを口に入れた次男坊が、それ以上に勢いよくオリーブをペッした。しゃーない。君は悪くない。


かようにも、めずらしく都会風の休日だった。