かく語りき

単身赴任で上京してきた今藤のブログ。最近の趣味は休日ジョギング。フルマラソンは未経験です。

漫画日和

漫画を読むようになった。

長い春休みで退屈中の長男がレンタルした漫画を読んでいる。食卓に置いてあるものをパラパラめくって、気が向けば読む。気が向かなければ読まない。

そんな感じで最近読んだ漫画。


◆『約束のネバーランド

10〜18巻を。

とてもおもしろい。
でも、その割に世間の話題になってないような? 少なくとも私の耳には届いていない。鬼滅の刃の影に隠れちゃってるのかな。あるいは私のアンテナが低すぎるだけか。

途中から読みはじめても十分に楽しい。
鬼により家畜として育てられた少年少女…というあらすじだけで舞台をなんとなく察せられるので、ちゃんと物語の世界に没頭できた。なお、長男が1巻を借りてきたときには(くっせえタイトルだな…)と思ったので手をつけなかった。痛恨の判断ミス。最初から読みたいなあ。再レンタルしようか。うーん。悩ましい。


ところで、主人公は男の子?それとも女の子?
何度読み返してもわかんない。



◆『異世界居酒屋のぶ

1〜5巻まで。

大好き。
近年のグルメモノの流行は何が発端なのかしら。たぶん吉田類孤独のグルメだと思うのだけど。どちらもお気に入りだから派生品も大いにけっこう。ちなみに、異世界転生も割とオッケーだ。そういう世界なんだから茶々を入れるもんじゃないよ、と思う。

あえて物言いをつけるのであれば…

主人公のしのぶちゃんが超絶薄っぺらい。
ヒロインだからヒロインらしい言動をしてます感が強い。個性に欠けるとかじゃなくて、なんていうか、中身が無い。人格が無いというか。愛らしい表情なのに能面を眺めてるような感覚に陥る。他の登場人物はそうでもないのに彼女だけ空っぽ(ひどい言いよう)。まあ、異世界居酒屋の舞台が重要なんであってキャラ立ちは不要ってのはわかるんだけども。



ところでだ。
どちらも小学生が読むような漫画じゃないと思うのだが、うちの子は一体どこから情報を得ているのだろうか。不思議だ。