かく語りき

単身赴任で上京してきた今藤のブログ。最近の趣味は休日ジョギング。フルマラソンは未経験です。

比叡山攻略失敗

本日の豆知識:『ロートル』は中国語


実は西洋由来のカタカナじゃない。

漢字だと老頭。音はラオトウ。
混老頭清老頭はロウトウと読むのに、この場合はロートルになるようだ。由来は知らないが、支那戦線の兵隊さんが持ち込んだ言葉だと思う。いわゆるピジン語の類ではあるまいか。

老頭なのだから、老人に些かの敬意を示した単語であるはずだが、一般に否定的な意味で用いられる。ロートル選手と言えばおおよそピークを過ぎた選手であり、単にベテランを指さない。

ていうか、ロートルなんて野球以外の分野で耳にしたことはないけれど。



さて、きょうは家族で比叡山

叡山に赴くのはこれで三度目だからお父さんも新鮮。
ちなみに、一度目は中学校の修学旅行で二度目は高校の修学旅行だ。なんだそれ…って感じだが実際にそうなのである。



へえ、ケーブルカーってほんとうにケーブルで引っ張ってんのかあ。

当たり前なことにいちいち感心する。線路に埋め込まれた滑車のコロコロする様が眺めていて飽きない。



本来ならケーブルカーからロープウェイに乗り継いで山頂を目指すところだが、世情により運休中だったのでここから先は徒歩で。

標高が高いからひんやりしていて、歩いて気分が良い。長男も楽しいようで足取りも軽やかに登っていく。

けれども、次男坊が駄目だった。
四歳児には厳しいようだ。機嫌が良いときは歩いてくれるのだが、次第に「抱っこしてくれえ」と「おんぶしてくれえ」ばかりになった。幼児に根性論で迫っても意味がないのでご要望のままに。残念だが延暦寺にはたどり着けず。無念。


賀茂川の水。双六の賽。四歳児。
是ぞ朕の心に随わぬもの

ま、しゃあない。
(道中で京都一周トレイルという看板を見た。へえ。なんだかとても楽しそうだね。)