かく語りき

単身赴任で上京してきた今藤のブログ。最近の趣味は休日ジョギング。フルマラソンは未経験です。

春の楽しいランと空き缶のアレ

春のジョギングは気分がよい。



なんだか、走るのが楽しい。

遅いのは相変わらずだが、そんなんどうだっていいんだよと思わせてくれる(どうでもよくないけどどうでもいいのだ)。工事現場を眺めたり珍しい車をじろじろ見たり。桜の下を通ったり神社を脇目に通過したり。普段と変わらないジョギングなのに、なぜかとても楽しい。




これはなんと呼んだらいいのか。

妻は缶ぽっくりと言う。
でも、私はその呼び方は初耳だ。ではどう呼んでいたのか。うーん。まったくもって思い出せない。なんだったっけか。云々唸ってもわからないものはわからない。とりあえず、「おんまはみんな、ぱっぱか走るのやつ」と次男坊に説明した。ほんとうは、彼は竹馬を所望した。だが、物事には順序があるのだ。いきなり竹馬は無理だってば。まずはこれだよ。

ぱっぱか出来るようになったら次こそ竹馬だね。



すっかり軽快になったじゃんか。

うちの次男坊は、はたらくくるまのDVDを見て、新型車両紹介の場面で「しんがたころなういるす」と言う。新幹線のDVDを見れば、JR東日本と聞いて「じぇいあーるひがしにほんだいしんさい」と言う。


ったく誰だよ。そんな単語を覚えさせたのは。

誰のせいか。私のせいだ。配慮が足りなかった。今後、次男坊の前で二ュース番組を見るのは控えようと思った。