かく語りき

単身赴任で上京してきた今藤のブログ。最近の趣味は休日ジョギング。フルマラソンは未経験です。

『ファクトフルネス』を読んでないけど語る

読んでない本を語る。
たまにはそういうことがあってもいい。


目次を眺める。

眺めた限りにおいて、

「人間には元来備わった負の本能があります。思い込みと呼んだほうが正しいかもしれませんね。それはあなたの可能性を狭めてしまうだけでなく、世界を歪めるものでもあります」

的なことを、洋画っぽい声優が翻訳文体で語ってそうな雰囲気がある。

なんとなく。


ちなみにこの本

妻の本である。

「こんな本を読んでるよ」と妻が言いだしたとき、それは「おまえも読め」の意である。けれども、いままでお薦めにしたがって読んだ本はほんの僅かだ(しゃばけとか万城目学とか)。

妻が読書の楽しみを知る人で良かった。
おかげで普段手に取らない本が手元にある。


そういうわけで「はじめに」と「あとがき」すら目を通していない。表紙と目次だけ。


目次にあった十の思い込み
・分断本能
・ネガティヴ本能
・直線本能
・恐怖本能
・過大視本能
・パターン化本能
・宿命本能
・単純化本能
・犯人探し本能
・焦り本能

やっぱ、人を惹きつける本はちがうねえ。

目次だけで「なんかわかる。真理っぽい」と思わせる。そして、この類の啓蒙本は総じて「己を再認識しろ!」であるので、そうする。


私に明確に当てはまるのは
・パターン化本能
・単純化本能

かなあ。


パターン化の一例は先入観だ。
(本文でどう書かれているか知りませんが)

仕方ないんじゃないかな。先入観を持たないと言えば柔軟そうだけど、そんなのは子供と賢人の特権、もしくは綺麗事だよ。だって、経験を否定してんだもん。凡人の場合、経験が先入観をつくる。誤った先入観のせいで怪我をする。修正される。の繰り返し。でいいんじゃないの? 改める機会が無いとまずいけど。


純化は頭の回転次第。

私は、物事をなんでも単純化する。複雑な事象を複雑なまま捉えていたら一歩も先に進まないから。

トライボロジーは後回しでいいって習ったよ。
「ただし摩擦は考慮しないものとする」
ってね。単純化してなんぼだと思う。過程で何かを切り捨てたことさえ忘れなければ、大惨事にはならない(といいな)。もちろん、賢い人は複雑なままで対処できるのでしょうね。


あとは、
・宿命本能
・焦り本能

もあるなあ。

「そういうもんさ」
宿命は諦念。
「先んずれば」
焦りは執念。過信。



なんか目次の印象とちがう。

自身を見つめて世界へ。
じゃなくて、
世界のデータを見て自らを諌めよう。
なのかしら。

題名からして、そうなのかもしれない。
おもしろそうな気はする。読み途中の本が片付いたら読んでみようかな。