かく語りき

単身赴任で上京してきた今藤のブログ。最近の趣味は休日ジョギング。フルマラソンは未経験です。

『呉冷麺』を食う。飾らないおいしい麺

宿で朝食を摂っていると、勇ましい声が聞こえた。


ここは海の男たちの街だ。
造船所と自衛隊の基地が眼下に広がる。

勇ましい声は自衛隊のほうから聞こえた。

朝7時過ぎ。
起床ラッパには遅く、始業には早い。なんの声だろう。国旗掲揚か。あるいは体操か。交代勤務のやりとりか。行進の掛け声のように聞こえたが、コンタクトレンズをつけていない私には判別できない。


きょうは海の男の『呉冷麺』を食べにいこう。

この店ははじめてだが、以前別の店で食べたことがあるので呉冷麺は知っている。



写真のままの味、というのが適当な表現かな。

冷し中華とは別物だ。酸味はあまりない。和がらしも付いていない。朝鮮冷麺とも別物でキムチは付いていない。

油っこい。
唇がテカテカになる。油っこい麺を半分ほど食べてから卓上酢を振りかける。うん、うまい。私は酸っぱいもの好きなのでこっちのほうがいい。


ごちそうさま。
おいしかったよ。具沢山で無いところがいいね。そういうのは疲れるから。ちゅるっと掻っ込んでおしまい。シンプルでいい。



いい街だなあ、と思う。

昼の商店街はシャッターの降りた店がややあって寂しさを感じるけれど、それでもいい街だ。山と海に挟まれた狭い河口に碁盤の目の区画割りが為された街。道が整然としている。この街の生牡蠣にあたって以来、牡蠣を口に出来なくなった私にとっては愛憎相半ばの街である。旅先や居酒屋で生牡蠣に目を輝かせる連中と同席するたび、私は呉を思い出す。


至るところで視界に入る島並みは本当に美しい。たくさんのガントリークレーンが居並ぶ威容もすばらしい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
よろしければポチりと。
いつも励みになっております。