かく語りき

単身赴任で上京してきた今藤のブログ。最近の趣味は休日ジョギング。フルマラソンは未経験です。

『真説・毛沢東(下)』を読む(私には大陸に対する憧憬の念がある)。

下巻、である。
本屋の棚に並んだ上下巻を見て、どちらかにしようか悩んだ結果、下巻を手に取った。文革の生々しい剥き出しの感情と凄惨な粛清を見せられるのはこの上なく辛いとわかっていて、下巻を選んだ。


真説 毛沢東 下 誰も知らなかった実像 (講談社+α文庫)

真説 毛沢東 下 誰も知らなかった実像 (講談社+α文庫)


毛沢東は英雄である。

朝鮮戦争までは確実に。百歩譲っても人民共和国の建国までは。

それ以降は…ご存知のとおり。同時代を生きた中国人の前で言えたものではないけれど、それでもやはり中国史の英雄に名を連ねるべき存在だと思う。漢の劉邦や明の朱元璋だって統一後は似たようなものだ。ただし、彼らはせいぜい諸侯士大夫を粛清する程度だった。一方、毛沢東は全ての人民を道連れにした。



原書は2005年の出版とある。

十数年前の本だから最近の毛研究とは違っているのだろうが、それでも私は相当に驚いた。私が毛沢東について書かれた本を読んでいたのは学生の頃で、しかも父の書棚や図書館で見つけた古い本ばかりだったから。

たとえば林彪事件
かつて私が読んだ本に、亡命の過程を詳細に記したものは無かった。そしてどれも中国による撃墜の可能性を否定しなかった。当時はわからなかったからだ。でも、本書には『トライデント機が中国側によって撃墜されたものではないことを明白に表している』とある。私の無知を差し置いて言えば、それくらい開放前の中国は日本から遠かったのだと思う。



原書が英語で書かれたせいだろうか、あるいは私の勉強不足のせいか、(もちろん後者だが)驚きは尽きない。


些細なことだけれど、朝鮮戦争についてそれなりの行を費やした文章で、マッカーサーのマの字も出ないのも驚きのひとつ。日本人作家なら絶対に省かない。


中国に関する文章を翻訳文体で読む違和感も、些細だけれども、とても重要な驚きである。大陸から詩的で墨彩画のような憧憬(現在の中韓両国に対する世評の差にこの影響は間違いなくあると思うんだよね。割とマジで)を消し去った。



周恩来の評価について書いておきたい。

日本人の周恩来評には多かれ少なかれ尊敬の念があらわれる。中庸の大人。がさつな中共における唯一の士大夫。私にもそのような印象がある。

けれども、本書は違う。
外ヅラの良い毛沢東の犬、諌める能力と立場がありながら屈した男として書かれている。それ自体はよくある見方で新鮮さは無いが、天安門事件(第一次のほう)すら党中央の実態と周恩来の実際を知らない庶民の暴動扱いというのはやるせない。

否定はしない。が、この人が大躍進以前に失脚していたら更に数千万の人的被害が出たんじゃないかな。短絡的な死ではなく耐え忍んで生を選び地獄を見た傑物としておきたい。させて欲しい。



知識と関心の欠如の事情でさらっと流すけど、毛沢東の行動の多くをスターリンと結びつけているのが一番の驚きかな。朝鮮戦争参戦も台湾砲撃もソ連からの援助を引き出すために過ぎなかったなんて考えもしなかった。



大躍進文革の、直視しがたい生々しい剥き出しの感情と凄惨な粛清を見ると心が痛む。

毛沢東は英雄だった。
建国を宣言した頃までは。

その後の中国を劉少奇周恩来彭徳懐が指導していたらどうなっていたのかなと考えることがある。でも、その度に考えても無駄だと思って止めた。功臣は去り、林彪江青が権力を握り、華国鋒が後継者になるのが中国の常だから。


おそらく半世紀か一世紀、または数世紀後に同じことを繰り返す。いまの中国のままならきっと。そうならないことを心から祈る。数千年もの間、世界に君臨した気概を見せて欲しい。私の憧憬どおりの中国を見せて欲しい。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
よろしければポチりと。
いつも励みになっております。