かく語りき

単身赴任で上京してきた今藤のブログ。最近の趣味は休日ジョギング。フルマラソンは未経験です。

映画『IT / THE END それが見えたら終わり』を観た

出張中の休日は、極まりなく退屈だ。

ホテルを追い出されたものの知り合いはいないしジョギング道具も持ってきていないから暇を潰せない。地方には朝から酒を飲める店も無い。どうすっぺか。うんうん唸った。じゃあ映画でも見っぺか。となった。



映画館に到着して眺めたポスターには完結篇と書いてある。

まいったな。続きモノかい。そういえば暫く前に同名の小説があったけど、それの続編かな、でも作風がまるっきり違うじゃない…と思ってスマホで検索したところ、それは別のそれだった(そっちは『it / それと呼ばれた子』のほう)。


さらに券売機にはR15と注意書きがある。

ぐへえ。年齢制限付きか。ピエロが出てくるんだから多少のホラー風味は覚悟していたけどまさかのガチホラーか。サスペンスが主だと思ってた。そんなのはじめてだよ。苦手苦手苦手。


かと言って、映画館まで来て何もせずに引き返すなんてあり得ない。数時間は暇を潰さないとホテルに入れてもらえない。同じ時間には劇場版プリキュアしかやってない。何作か観たけど意外と面白いからプリキュアでもいいんだが子どもの付き添い無しではさすがに入れない。そんなわけで、まあスティーブンキングだからハズレは無いだろうと信じて入場した。



感想。

やはり前作は見ておいた方がいいんじゃないかな。

置いてきぼりとまではいかないけれど、背景を知らないと主人公たちの気概がイマイチ理解できない。なぜ恐怖に怯えてまでピエロと対峙しなければならないのか。逃げたらいいのに。少年時代の誓いを果たすため? 誓いの重さより恐怖の方が優っていたようにみえたけど。それとも故郷の住民を守るため? 記憶が薄れて故郷を忘れてたのでは。


あと、ホラーはホラー。怖いもんは怖い。

何度途中退場しようと思ったか。
これは怖がらせるために怖がらせているのではなく物語上の必然なんだぞ、この映画には友情という主題があって云々…と自分に言い聞かせてなんとか最後まで席を立たなかったけど、結局ただのホラーじゃん!マジ無理。勘弁してほしい。(ただし、驚かしは事前に溜めがあってタイミングが読めるので不意打ちは無い。そこは親切設計。)


終盤はインディジョーンズ的魔宮ダンジョンが舞台になっててわけがわかんないし、邦題は邦題でどうなのよと思ったりもしたし、あとポスターに「すべての謎が明らかになる」って書いてあるわりに何も明らかになってない気がしたんだけど、そこら辺はホラーの後味と比べたら些細なことなので言わない(言った)。



とりあえず、ピエロが表紙に出てくる映画は金輪際見るのをやめようと思いました。


ホラー耐性の無い私には散々だったけど、それでもアメリカの片田舎で暮らす少年達の古き良き青春の雰囲気を味わえて良かった。

だから星みっつ。★★★

(『おみくじクッキー』をこの映画で初めて見れたので星ひとつプラス。いままで文章で読んでもさっぱり想像できなかったんだよね。これがフォーチュンクッキーか)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
よろしければポチりと。
いつも励みになっております。