かく語りき

単身赴任で上京してきた今藤のブログ。最近の趣味は休日ジョギング。フルマラソンは未経験です。

男の手作りプリン

ひょっとして、プリンっつうのは牛乳と卵と砂糖だけで出来てるんじゃあるまいか?ふと、そんなことが頭をよぎった。なぜかはわからないがよぎったのだ。そして、そうであれば私にもつくれそうな気がした。というより、その組み合わせなら失敗しても大惨事に…

ぬか漬けリターンズ

そろそろ、ぬか床やな。と妻が言ったのは、四月か五月だったか。 よっしゃよっしゃ。敬虔なぬか漬け教徒である私は、たいそう喜んだ。無学な私はこのときはじめて知ったのだが、ぬか漬けは夏の食べものであるらしい。へえ。そうなんですか。年中おいしいのに…

柚木裕子『凶犬の眼』がけっこういいね

凶犬の眼 「孤狼の血」シリーズ (角川文庫)作者:柚月裕子発売日: 2020/03/24メディア: Kindle版『狐狼の血』の続編である。へえ、こういう感じで続かせるんだ。 と思った。本を開く前に予想したのは、舞台が同じで主人公を変えるパターンだった。前作がきれ…

丈夫な体になりたくて

走るのが好きじゃないと少し前に書いたばかりだが、最近も、いちおう走っている。 ただし、一生懸命だとか自分なりにがんばるといったふうな走り方はやめた。というか、諦めた。断念した。 私の場合、けっこうな頻度で夏場のジョギング後に頭痛が起きる。痛…

妻がいない休日の夜

夜、妻と次男坊が実家に行き、不在した。 いつもなら同行する長男は、私と留守番だ。長男は居間で英語の勉強をはじめた。 邪魔にならない程度に眺める。小学生の英語のお勉強は筆記よりも音読を重視するらしい。声が聞こえる。whereの単語があらわれると、そ…

ツナサンドをつくろう!

三十分と少し走った。真夏のジョギングは、残念ながらあまり楽しくない。身の危険を天秤に掛けてまで私は走らなきゃいかんのかしら?と思いながら走った。たぶん、私は走ることがそれほど好きではないのだろう。汗をかきたくて走っているだけなのかもしれな…

柚木裕子『狐狼の血』をいっぺん読んでみて!

警察小説は割と好き。極道小説はもっと好き。 孤狼の血 「孤狼の血」シリーズ (角川文庫)作者:柚月裕子発売日: 2017/08/25メディア: Kindle版いやあ、ほんとうに良い小説をつかまえた。僥倖ですよ。僥倖。巡りあいに感謝です。アンテナは低い(けど、避雷針…

防災頭巾を知らない子どもたち

もうそろそろ夏休みか。と、天気予報を眺めながら思った。 まあ、夏休み禁止令が発布された本年において、子どもたちにそれはやってこないのだけれど。 夏休みといえば、私は防災頭巾を思い浮かべる。長い休みは、防災頭巾を家に持ち帰ることにより始まり、…

マンション鑑定ラン

ようやく体調が上向きに。ではジョギングを再開しよう。 と言っても、走る当てが特段あるわけじゃなし。きのうの新聞折り込みチラシに載っていた新築マンションでも冷やかしに行こうかしら。 65平米の3800万が最多帯。チラシにそう書いてある。 へえ。65平米…

そろそろ車検が

もうすぐ車検の時期だ。 11年目のね。 妻の妊娠の知らせを聞いて購入した車だから11年目なのである。うちの兄ちゃんは十歳と半歳ぐらい。妻は買い換えを望み、私は継続を望んだ。気に入ったからこの車を選んだ。いまだって愛着がある。そりゃまあ些細な不満…

石川九楊『漢字とアジア』読了

漢字とアジア (ちくま文庫)作者:九楊, 石川発売日: 2018/08/08メディア: 文庫九楊さんか。珍しいお名前だね。本名ではあるまいよ。坊さんの戒名でもなさそうだ。じゃあ、どっかの家元さんかな。ん、ちがうのか。ああ、書道家ね。なーる。で。お買い上げ。 ◆…

次男坊が与えてくれた教訓

先週の出来事。 長男と将棋を指していると、隣接する畳の間でレゴを組み立てていた四歳児の歌声が聞こえてきた。「大人の階段、のーぼう」古くさい歌を知ってるんだな。どこで覚えたんだろう。保育園のお歌にしては渋すぎる。そして、彼は先を続けた。「よん…

検察当局について

起きがけに見たテレビのニュースについて。 「議員夫妻の選挙問題について、検察当局が動きだした」という主旨のニュースを見た。寝ぼけていたから多少ちがうかもしれないが、おおよそそのような報道だったはずだ。む。むむむ。テレビの前で唸った。なにかが…

飲食日記 6/16

口にしたものを偽りなく記録する日記。 ◆朝 コーヒーとおにぎり。とびきり熱いコーヒーだったので牛乳を加えた。寝坊した。のんびりと熱いのを啜る時間がない。 ◆昼 おにぎりふたつ。私はおにぎりと呼ぶが、ふつう、これをおにぎりとは呼ばない。昨晩の炊飯…

梅田でお買い物

妻と次男坊とで梅田へ。 茶屋町でも兎我野でも大融寺でも堂山でも東通でも北新地でも堂島でもない梅田、グランフロント大阪。初めての訪問。寄らないなあ、この辺りは。縁がない。 つーか、妻と梅田を訪れるのはなん年振りだっけ? 「子どもが出来てからはじ…

あじさい色々

梅雨といえば、あじさい、かたつむり、てるてる坊主。梅雨入り前は田植えで、明けたら梅干し作り。 近所のあじさいがとてもきれい。どんよりした季節にひときわ鮮やかに咲いている。曇色の空と淡色のあじさい。色を加えた水墨画のよう。よいものを見た。 つ…

割とマジで身体がおかしい。というお話

頭が働かない。身体も動かない。はじめは二日酔いかと思った。次第に頭がぼおっとしだした。もしかして…と体温を計ったらこれである。 お風邪でございますね、だろうか。実は、ここ二ヶ月ほど間、十日に一度くらいの頻度で38度超の高熱が起きている。熱はお…

金曜ロードショーでキングダムをすこしだけ眺めるのこと

映画『キングダム』を観る。夜9時から9時25分まで。 要するにぜんぜん見てない。漫画キングダムが大好きな長男の傍らで、酒を飲みながら眺めただけ。 オープニング。 戦国七雄の勢力図が映しだされた場面で、「読めるかな?」と試してみる。すると長男は「カ…

漫画日和

漫画を読むようになった。長い春休みで退屈中の長男がレンタルした漫画を読んでいる。食卓に置いてあるものをパラパラめくって、気が向けば読む。気が向かなければ読まない。そんな感じで最近読んだ漫画。 ◆『約束のネバーランド』 10〜18巻を。とてもおもし…

比叡山攻略失敗

本日の豆知識:『ロートル』は中国語 実は西洋由来のカタカナじゃない。漢字だと老頭。音はラオトウ。 混老頭と清老頭はロウトウと読むのに、この場合はロートルになるようだ。由来は知らないが、支那戦線の兵隊さんが持ち込んだ言葉だと思う。いわゆるピジ…

Bzのライブビデオ『MAGIC』がとてもすばらしい

Bzがライブビデオを無料公開したことは、ネットニュースで話題になっていたから私だって知っている。けれどもまあ、Bzなんて耳を塞いでいても聞こえてくる類のものだから敢えて聴かんでもいいよねえ、と思っていたわけだ。 で、いまさらながら聴いた。という…

プラレール回転寿司/おうちキャンプ

それ、私の浮生なる相をつらつら観ずるに。 ◆在宅勤務なんだかなあ。毎日、朝食を終えたら部屋に籠もって作業にかかる。コーヒーを点てるときと用を足すとき、昼食と散歩の間だけ部屋を出る。日が暮れたら居間で天才テレビ君を眺めるのだ。はあ。ため息が漏…

スマホの中のランチを覗かせて!

中井貴一がナレーションをしている『サラメシ』というテレビを見た。へえ。はじめて見たけど、とてもおもしろいね。 おっけー! 私も公開してみようか!(便乗100%) お洒落なランチなんて、一切ないけどさ。 シャケ。記憶に無い。 が、この写真がスマホに収…

ズボラ飯

ズボラ極まりない私の料理。皿を洗うのはめんどうじゃないが、作るほうになるとてんでダメ。きょうはやるぞ!と意気込んだはずなのに、冷蔵庫を開けた途端、胃に収まれば何でもいいや…になってしまうのはどうしてだろう。 そんなきのうの昼飯 大根の煮物風。…

うらやましいほど素敵なお名前

世の中には、うらやましいほど素敵な御名前を持つ人がいる。 ◆世界で一番かわいいお名前山吹みどりさん。何気にかなり愛らしい名前。 ほんとうは、山吹あかねさんにしようと思ったんだけど、ウィキ先生に訊いたら彼女の苗字は「木緑」なんだとか。知らんかっ…

男ふたり怒涛の宅配ピザ祭

近頃のテレビは宅配やらテイクアウトやら持ち帰りやらウーバーイーツやらをやたらと取り上げるので、私だってその気になってしまうわけだ。ゆえにきょうはピザの日。 じゃじゃーん。 長男が選んだ4種のチーズがどうこうのピザ。電話やネットで飯を注文する…

山登り/坂道ラン

きょうも山登り。 長男に身体を動かさせるために。 早朝、雨が降った。湿度が高い。湿気があるときの山歩きは、とても気分が良い。雨上がり特有の天気で、空は青く森は緑で溢れている。雨に濡れた葉が私の頭に水滴を落とす。高度が上がるにつれ、冷んやりと…

次第にペースを上げる走り方ってあるじゃない?

午前十一時。次男坊と散歩に出かける。キッカー(ペダルが付いてない幼児用の自転車のことです。一般名詞は知らん)に跨って出発だ。進路を決めるのは次男坊。私は後を追うだけ。おもてなし要らずの楽ちんである。やがて、線路にたどり着いた。 フェンス越し…

はい、UNOって言ってない〜!(Hillary is back,tonight )

UNOを買ったのである。連休中に家族で楽しく勝負だ。 はて。なにかがちがう。 私の子どもの頃と、なーんかちがう。どこが?と訊かれても説明しづらいのだが、当時はこんなにかわいくなかったような気がする。ワイルドはもっとワイルドだったし、スキップには…

山登りと数千の倒木

妻と長男とで山登り。 ◆のどかな小径からスタートしよう 川のせせらぎを聞きながらのんびりと。しいたけの原木を眺めながらぶらぶらと。はじめは順調だったんだよ。はじめは。 ◆しばらくしたらこう 一昨年の台風で樹木が倒れたらしい。ふええ。目を疑う。 「…